新型コロナウイルス感染癥 ご利用ください?お役立ち情報

新型コロナウイルス感染癥 ご利用ください?お役立ち情報
 

健康への心配、売上げ減少への不安など、皆様の「困りごと、不安」に応じた関連情報へアクセスしやすくしました。
 生活と雇用を守るための支援策(緊急経済対策)については、こちらをご覧ください。
 新型コロナウイルス感染癥に関連した不審な電話やメールにご註意ください。心配な方は、「188」へお電話ください。
 また、助成金や補助金に関連した不審な勧誘にご註意ください。それぞれの支援策の內容のご確認、ご相談いただく場合の窓口はこちらです。

健康への心配、売上げ減少への不安など

(3)休校の影響を受けている方
? 児童を家庭で保護しなければならない方別ウィンドウで開く
? 保育園別ウィンドウで開く學童保育別ウィンドウで開くなどに勤務している方
(6)フリーランス、個人で事業を営んでいる方々別ウィンドウで開く
例えば次のような方々
? 行事や文化?スポーツイベントの場で収入を得ていた方(企畫、制作、裝飾、司會、音楽演奏などの実演、イベント関連作業、寫真、ヘアメイク、料理、弁當、參加者送▽迎などの提供)
? 會場を所有している方
? 家庭教師、學習塾講師
? 広報?広告をしている方
? ITエンジニア、ウェブデザイナー
? 個人タクシー事業者別ウィンドウでPDFを開く
? その他、自分の特技を生かしたサービスや加工品を提供している方
労働者
(7)中小企業、小規模事業
? 法人、個︻人事業主を問わず別ウィンドウでPDFを開く
? 創業を企畫中の方別ウィンドウで開く
※「中小企業」の範囲は、次の通り比較的広く、全事業者の99.7%が中小企業向けの支援策をご利用できます。 「小規模事業」は、「中小企業」の一部で、資本金の規模に関わりなく、常時雇用する従業員數が20人以下(卸売業?小売業?サービス業では5人以下)の事業のことです。
  中小企業
(下記のどちらかを満たすこと)
うち
小規模事業
業種 資本金 常時雇用する従業員 常時雇用する従業員
製造業、建設業、運輸業等 3億円以下 300人以下 20人以下
卸売業 1億円以下 100人以下 5人以下
サービス業 5,000萬円以下 100人以下 5人以下
小売業 5,000萬円以下 50人以下 5人以下
 
 

「困りごと、不安」に応じた支援情報

醫療スタッフ
(1)ご自分やご家族の健康不安の解消策
健康不安に関するお問い合わせは、0120-565653(厚生労働省電話相☉談窓口)までお願い致します。(※)9:00~21:00、土日祝日も実施しています。
? 醫者の診斷を受けたい、PCRによる検診を受けたい、発癥時のベッドは十分か?など別ウィンドウで開く
? 家族に高齢者?基礎疾患▅者がいるが、何に気をつけたらよいか別ウィンドウで開く
? 高齢者施設』に居る高齢者のために、何に気をつけたらよいか別ウィンドウで開く
? 家族に妊婦別ウィンドウで開く乳幼児別ウィンドウで開くがいるが、何に気をつけたらよいか
 
マスク?消毒
(2)マスク、消毒用アルコール、トイレットペーパーの不足
? 供給?流通の現狀別ウィンドウで開く
? どのような施設から優先的に供給するのか?別ウィンドウで開く
 
會社
(4)生活の維持、事業継続への対応策
? 収入が減って、生活資金が枯渇してしまう
※リンク先にて、パンフレット「一時的な資金の緊急貸付に関するご案內」をご覧ください。別ウィンドウで開く
? 上下水道、公営ガス別ウィンドウで開く電気?ガス別ウィンドウで開く攜帯電話、固定電話?インターネットサービス別ウィンドウで開くの料金も支払えない
? 売上げの激減で、事業を継続できない別ウィンドウで開く
? 従業員への給與を支給できない別ウィンドウで開く雇用を維持できない別ウィンドウで開く
? 資金繰りがつかないと倒産が心配。新規借り入れや既往債務の返済猶予の申請や相談はどこでできるのか?簡易な手続きで貸してくれるのか?別ウィンドウで開く
? 返済不要の補助金には、どのようなものがあるのか?別ウィンドウでPDFを開く
? 註文どおり仕上げたのに、註文の取消しをされた別ウィンドウで開く
? 資金繰りがつかず、稅金(國稅別ウィンドウで開く?地方稅別ウィンドウで開く)や社會保」険料別ウィンドウで開くの支払いができない
? テレワークを導入したい別ウィンドウで開く
 
 
 
 
相談窓口
(12)公共料金などの期限
? 納稅(國稅別ウィンドウで開く地方稅別ウィンドウで開く)、運転免許別ウィンドウで開く車検証別ウィンドウで開く社會保険(年金別ウィンドウで開くなど)、公共料金(上下水道、公営ガス別ウィンドウで開く電気?ガス別ウィンドウで開く攜帯電話、固定電話?インターネットサービス別ウィンドウで開くなど)の納期が迫っているが猶予できるか?